AUTO 5 AUTO 5
メールマガジンの登録・削除
GO!
自動車保険  
 中古車買取査定自動車保険自動車ローン
 
home
保険を知ろう!
保険料を節約!
保険会社を選ぼう!
事故のとき -万一のときの予備知識-
こんなときは? -FAQ集-
用語集 -専門用語を解説-
  保険料を節約 - カーライフに合った保険を! -
 
保険が自由化されたことで、各社のサービスが拡充されました。それぞれのカーライフによりマッチしたサービスを各社用意していますので、妥当な保険料で、しっかりカバーできるものを選びましょう!


  特約や割引は、細かく条件をつけることで保険料を軽減するサービスです。サービス名称や条件、また、扱う商品は保険会社ごとに異なりますので、複数社から見積りをとって、より条件のいい保険会社を選びましょう。

ゴールド免許割引 契約者の運転免許証の色がゴールドである場合、保険料が割引となる。
長期優良契約割引 等級が16等級以上で、1年間事故がなかった場合、保険料が割引となる。
安全装置割引 エアバッグ、ABS、ディアルエアバック、安全ボディー、横すべり防止装置、エコカー、盗難防止装置等の安全装置が装備されている場合、保険料が割引となる。
複数所有新規割引 自動車保険を契約している自動車の等級が一定等級以上の場合、2台目の自動車にも一定の条件を満たしていれば、同じ等級が適用される制度。
運転者年齢条件特約 運転者の年齢を条件付きで契約することで、保険料が割引となる制度。ただし、条件に合わない人が運転して事故を起こしても保険金は支払われない。
運転者家族限定特約 運転者を家族に限定することで、保険料が割引となる制度。ただし、家族以外の人が運転して事故を起こしても保険金は支払われない。
事故付随費用担保特約 車両事故により契約した自動車が自力走行できなくなることによって付随し発生する費用(臨時宿泊費、帰宅費用等)に対して保険金が支払われる。
身の回り品担保特約 車両事故により契約した自動車に積載している物(車室内に収容されている物)に損害が生じた場合に保険金が支払われる。
代車等費用担保特約 車両事故により契約した自動車が使用できなくなった場合に、代車等を使用することにより負担する費用を補償する。
ファミリーバイク特約 被保険者が125ccまでのバイクで対人事故及び対物事故を起こした場合、車にかけている主契約と同じ条件で相手に賠償できる特約。
等級プロテクト特約 1回目の事故に限り、保険金を使っても翌年の等級はそのまま維持できる特約。
人身傷害補償特約 自動車事故で死亡またはケガをした場合に、相手との過失割合に関係なく損害額相当の保険金が支給される特約。
他車運転危険担保特約 他人の車を運転しての事故で、対人賠償・対物賠償及び相手車の損害に適用できる特約。
インターネット申込割引 インターネットで契約が成立した場合、保険料の一部が割引になる。



 
原付バイクを新たに購入する
「ファミリーバイク特約」を利用しましょう。
SAPかPAPを契約している場合、それに「原動機付自転車に関する賠償損害担保特約(ファミリーバイク特約)」を付けたほうが、新たにバイクの保険に加入するより保険料は安くなります。


親が所有する車に乗る
「運転者年齢条件特約(割引)」を見直しましょう。
年齢条件は、21歳未満、26歳未満、30歳未満などに設定されています。18歳で免許を取った場合「全年齢担保」で契約しなければなりませんが、更新のときに年齢を確認して条件を変更すれば保険料は下がります。


車両保険を安くする
「自動車相互間衝突危険車両損害担保特約(車対車特約)」や「車両危険限定担保特約(A)特約」を付けましょう。
車対車特約は、事故に相手がある場合に保険料が支払われるので相手の住所、名前等の確認が必要になります。「車両危険限定担保特約(A)特約」は火災・爆発・盗難・台風、洪水等によって自動車が損害を受けた場合のみ保険金が支払われます。補償の範囲は狭くなりますが、保険料を安くすることができます。



 
       
 

トップページ中古車買取査定自動車保険カーライフメールマガジンこのサイトについて
プライバシーポリシー利用規約


Copyright(C) AUTO5 All Rights Reserved