AUTO 5 AUTO 5
メールマガジンの登録・削除
GO!
自動車保険  
 中古車買取査定自動車保険自動車ローン
 
home
保険を知ろう!
保険料を節約!
保険会社を選ぼう!
事故のとき -万一のときの予備知識-
こんなときは? -FAQ集-
用語集 -専門用語を解説-
  保険を知ろう - 保険料も車体価格のうち -
 
車を選ぶのに、好みや性能、用途、予算など様々な要因があるように、保険も車の性能や運転者の技量、用途などを考慮して選ぶ必要があります。

保険料は車を所有するうえでの安心料。突然訪れる事故は加害者・被害者問わず大きな損失が発生しますし、車を運転していないときに事故を被ったり、いたずらされたり……。カーライフには様々なことが起こります。これらを金銭的にカバーしてくれるのが保険。

保険料も車体価格のうち。相応しい補償内容で契約しましょう。


  自動車保険には強制保険の「自賠責保険」と任意に加入する「任意保険」があります。自賠責保険は車種と期間により保険料が決まっていますが、任意保険は補償内容によって保険料が異なります。
任意保険の種類は以下のものがあり、保険会社はこれらの保険を組み合わせて販売しています。

対人賠償保険 自動車事故によって歩行者、同乗者などを死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合、自賠責保険の補償額を超える損害賠償額に対して支払われる保険。

自損事故保険 自動車の保有者、運転者または搭乗者が自動車事故で死傷した場合、自賠責保険の補償対象外のときに支払われる保険。

無保険車傷害保険 対人賠償保険を契約していないなど、賠償資力が十分でない自動車に衝突され、運転者や同乗者が死亡または後遺障害を被った場合に支払われる保険。

対物賠償保険 自動車事故によって、他人の財物(他の車・建物・電柱など)に損害を与え、法律上の賠償責任を負担する場合に支払われる保険。

搭乗者傷害保険 自動車事故によって、自動車に搭乗中の運転者や同乗者が死傷した場合に支払われる保険。

車両保険 契約した自動車が偶然の事故により損害を被った場合に支払われる保険。

人身傷害補償保険 契約した自動車または他の自動車に乗車中や歩行中に自動車事故で死傷したり、後遺障害を被ったりした場合、自分の過失部分を含めて損害額の全額について支払われる保険。

リスク細分型自動車保険 保険料率に反映させるリスクの要因から保険料を算出する保険。主な算出基準は、年齢・性別・運転歴・使用目的・使用状況・地域・種別・安全装置・所有台数。




 
同じ条件・補償内容でも等級によって保険料は変わります。保険料を少しでも安くしたい!と考えるなら、等級の知識も必要です。等級とは何か、どうすれば保険料を安くできるかなど、等級の基礎知識を紹介します。



等級とは?


事故歴に対する割引(割増)度合いです。
自動車保険は事故に対する保険。従って事故を起こさない人は保険料が軽減されるという性質があります。その保険料を算出する料率が「等級」です。

等級は20に分かれています。1等級、2等級……20等級というように段階があり、数字が大きいほど保険料の割引幅は大きくなります。

※ 保険会社によって内容が異なる場合があります。




等級の仕組み

自動車保険を初めて契約すると6等級になります。
以後1年間保険を使う事故がなければ、更新時毎に等級が1等級ずつ上がり、事故を起こして保険を使った場合は1事故につき3等級下がるという仕組みになっています。 等級は、どの保険会社でも割引料率は変わりません。また、全労災、JAなど保険会社以外とも同じ等級を引継ぐことができるようになりました。 最高割引率60%という大きなメリットがありますので、安全運転で最高等級を目指しましょう!



事故と等級の関係

事故を起こしても保険を使わなければ「無事故」として扱われますので、更新後の等級は1つ上がります。保険を使うと3等級下がるので、その開きは4等級分に相当します。
保険を使わず費用を自己負担したほうが、保険料との兼ね合いや免責の負担などを考慮すると、長期的に安上がりになる場合があります。

 

<< 例 >>
 現在の年間保険料105000円、8等級の契約者が、10万円の損害を被った場合。


(A): 保険を使わない場合
  1. 契約者は現在8等級なので、保険を使わずに更新をすると更新後の等級は9等級になります。
  2. 5年間の保険料は、9等級から13等級をプラスした412,500円。
  3. 保険を使わないということは、損害費用は全額自己負担になりますので10万円を加算します。

(B): 保険を使う場合
  1. 契約者は現在8等級なので、保険を使って修理すると、更新後は3等級下がって5等級になります。
  2. 5年間の保険料は、5等級から9等級をプラスした585,000円。
  3. 保険を使うということは、損害額の負担は保険会社の免責分のみになるので5万円を加算します。

5年間で支払う額の比較
  (A):保険を使わない場合 保険料¥412,500+損害金¥100,000
¥512,500
  (B):保険を使う場合 保険料¥585,000+保険会社の免責額¥50,000
¥635,000

  差額  
¥122,500


※ 保険会社の免責額は保険会社によって異なります。
※ 「等級プロテクション特約」を付けている場合は当てはまりません。

 


  申込をしたその日から保険契約が始まります。ちょっとした不注意でも重大なことに及んでしまう場合があります。契約に対する基本的な注意点ではありますが、知らなかったでは済まされないのが「契約」。頭の隅に留めておきましょう。

十分な賠償金を確保しよう!
後遺症障害、死亡などの人身事故や、自費ではまかないきれない高額なものを破損するなどの事故にも遭いかねません。あらゆる可能性を考慮して、十分な補償内容かどうか確認しましょう。

正しく告知しよう!
契約者の住所・氏名、被保険自動車、等級など契約にかかわる重要な事実は、保険会社に正しく申告しなければなりません。正確に告知をしなかったことで、事故などのとき保険が支払われない場合があります。

変更があったら知らせよう!
契約後、車の買い替えや契約者の住所変更など、契約内容が変更したときは保険会社に連絡しなければなりません。通知を忘れると事故などのとき手続きに時間がかったり、保険が支払われなかったりする場合があります。

更新を忘れずに!
うっかり契約の更新を忘れていて事故を起こしてしまうと、それまで掛けた保険料はまったく意味がなくなってしまうばかりか、重い負担がのしかかることにもつながります。更新日は必ず守りましょう。



 
       
 

トップページ中古車買取査定自動車保険カーライフメールマガジンこのサイトについて
プライバシーポリシー利用規約


Copyright(C) AUTO5 All Rights Reserved